志摩市観光協会HOME » 志摩を満喫!おススメ観光コース » 大王埼灯台と港町へのみち

大王埼灯台と港町へのみち 新日本歩く道紀行100選 港(湊)今昔の道

全行程…約6.4km・所要時間…約1時間37分

この道は、基本的に太平洋と伊勢湾の大海原を眺めながら、途中、大王埼灯台をはじめ波切地区に古くから伝わるカツオ及び石工文化にふれながら進む道です。爽やかな潮風に吹かれながら、自然の雄大さやこの地に暮らす人々の生活を感じながら歩くにはもってこいの道となっています。

新日本歩く道紀行100選 選定コース

 

波切魚市場

無料駐車場があるため、出発地点として利用しやすい場所。ただし、イベント等が開催される場合を除く。

15分/1km

 

大井浜

波消しブロックもない自然のままの浜辺を眺めることができ、砂浜もきれいで癒される。ひっそりとして波音だけの心地よいメロディーを聞くことができる。

28分/1.8km

志摩市絵かきの町・大王美術ギャラリー

市所有絵画の保存及び展示施設。3階は志摩市出身の洋画家「平賀亀祐」の記念館、2階展示室は市民の美術文化の振興を図るため貸館を行うほか、「大王大賞展」の優秀作品等の市所有絵画の企画展を行っている。有料。

17分/1.2km

宝門の浜

時季によって、海女漁を見ることができる。波の強弱により、がらりと印象の変わる浜。

0分/0m

かつおの天ぱく 鰹いぶし小屋

横を通ると鰹をいぶす独特の香りがする。昔ながらの手びやま製法で、いぶしがつお「波切節」を作っている、コース上にあるいぶし小屋。見学もできる。

4分/200m

大慈寺

6月になると寺の周辺一面にあじさいの花が咲き乱れ、まるで「あじさいの中に寺」があるかのように見えることから、誰言うとなく「あじさい寺」と呼ばれている。また、早咲きの桜である「てんれい桜」が2月上旬より咲き始め、多くの人が訪れることでも知られている。

2分/200m

波切の路地

昔の風情を漂わせる路地。コース上だけでなく、地区内の至る所に路地がある。これも絵になる風景で、絵かきのスポット。

5分/300m

仙遊寺

かつてこの辺りには戦国時代、水軍として活躍した九鬼一族が岬の地形を利用して作った自然の要塞「波切城」があった。現在、波切地区にある仙遊寺には五輪塔があり、九鬼一族の碑銘が刻まれている。

8分/500m

崎山公園

太平洋を一望する眺めのよい公園。三島由紀夫の「潮騒」の映画撮影候補地にもなった。大王の町は同氏の「禁色」など多くの文学の舞台でもある。

2分/200m

波切神社

わらじ祭りで「波切のわらじ曳き」として三重県無形民俗文化財に指定されている神事が行われる神社。また、境内には鯨石が祀られている。この鯨石は、ある日捕まえた鯨を解体していたら、大きな卵型の石がでてきて漁師達を驚かせたもの。漁師達は、神のたたりを恐れてその石(鯨石)を波切神社に祀ったといわれ、子宝、安産にご利益がある。

3分/100m

須場の浜

葦夜権現(いやごんげん)の秋祭りを住民は「わらじ祭り(9月申の日)」と呼び、大わらじを作って海に流して、豊漁と安全を祈願する浜。

1分/100m

大王埼灯台

大王崎の突端にそびえる白亜の灯台。この灯台は、昭和2年(1927年)に建てられ参観灯台で頂上まで上がることができる。景色は最高。参観寄付金:大人200円、小人(小学生以下)無料。
  » 大王埼灯台

3分/200m

八幡さん公園

公園には銅像があり、古き絵かきの姿と、ここから眺める白亜の灯台・熊野灘と遠州灘を一望する眺めが訪れる人に絵を描きたいとの印象を与えてくれる。

2分/200m

大王埼灯台お土産街

大王埼灯台や街並みを描きに来たら必ず買って帰るお土産街。真珠に干物もあって、店の人との会話が楽しい。

7分/400m

 

波切魚市場

無料駐車場があるため、出発地点として利用しやすい場所。ただし、イベント等が開催される場合を除く。

大王埼灯台と港町へのみち 新日本歩く道紀行100選 港(湊)今昔の道map

左記のMAPをクリックしていただくとPDFファイルの地図がご覧になれます。